ヒップが劇的にアップするショーツを履こう

効率的なサンダルの選び方

靴

機能性も考えて

夏場に履くことも多いレディースサンダルは、可愛くて素敵なデザインのものがたくさんあります。そのため、ついついデザイン重視で購入してしまうこともよくあるのです。しかし、いざ購入して履いてみたら足が痛くなってしまったり、滑りやすくて歩きにくかったなどで、せっかく購入したレディースサンダルが無駄になってしまうこともあります。そのような事態にならないためにも、レディースサンダルを選ぶ際には、デザインだけでなく機能性も考え、選定のポイントを踏まえた上で購入するようにしましょう。まずサンダルは素足で履くことも多いので、しっかり足の甲を抑えて滑らないものを選ぶとよいです。甲を抑える部分に余裕がありすぎると、滑らないように足に余計な力をかける必要があり、それによって足が痛くなります。ただし逆にきつすぎても皮膚がすれてしまうため、足を動かせる程度の余裕があるけれども脱げないタイプがお勧めです。ちなみにバックルのあるレディースサンダルは足首を固定できるため、前滑りを防ぐ効果が期待できるので便利です。そしてサンダルの幅が自分の足に合っていることも大切です。幅が細くて狭いものは見た目こそ華奢で素敵に見えますが、そういったものはとても足に負担がかかりやすいです。それゆえに土踏まずのアーチに底のアーチが合うタイプの方が、フィット感があるために歩く際に負担になることが少ない傾向にあります。あとはかかとが少しはみ出るくらいの方が美しく見える傾向があります。とくにヒールの高いものは馴染むとともに少し前滑りする可能性も考えられます。そのため、そういったことも考慮して、少しかかとが出る程度のものを選ぶようにすると良いでしょう。